命の母の製造に関係のある東洋医学と2つの女性ホルモンの知識【Stress Relief】
HOME>特集>命の母の製造に関係のある東洋医学と2つの女性ホルモンの知識

命の母の元になる治療法である東洋医学

サプリメント

命の母の元になっているのが東洋医学です。それは、体のバランスを良くすることにより、病気やケガの症状を改善するという医学法になります。東洋医学では、足や手などの一部分が痛い場合、その部分だけを治す目的で治療は行いません。体全体のバランスの乱れを整えていき、痛い部分の症状が良くなるように促します。この様な治療法を取り入れている命の母は、女性特有の症状である生理痛や更年期に効果的なサプリになっていますよ。

体のバランスを整える3つのモノ

サプリメント

東洋医学の体内のバランスを整えるという治療法は、血や水・気の要素が関係します。それらの要素のバランスが乱れると、体調を崩してしまうようです。その要素の中にある血は、血液のことであり、栄養の吸収を行うとともに老廃物の排出も手助けします。女性には貧血になる方も多いため、血が足りてないか・血が上手く体内で循環してないという不調が起こることもあるでしょう。そして、血以外に、健康な体でいる為に重要な役割を持つモノがあります。それは水になり、主に体液や分泌液のことです。水は血と同様の役割を行い、この水が不足してしまうと、熱中症などになってしまう恐れもあります。ならびに、体を動かしたり、心を元気にしたりする活力が気です。気は、生命活動の元になっていて、気のバランスが乱れると、病気にかかってしまうこともあります。なので、気のバランスを乱さない様に、活力あふれる生活を送っていくと良いでしょう。

女性の体を整えるホルモンについて

女性の体は、毎月訪れる生理により、ホルモンバランスが乱れがちになっています。この不調は、女性の体内から分泌されるエストロゲン・プロゲステロンと言われるホルモンが、多く出たり不足していたりすることで起こります。これらのホルモンは、生理に関するモノになり、妊娠時や出産時にも関係するようです。そして、年齢を重ねて閉経になるまで、これらのホルモンと付き合っていくことになるでしょう。この2つのホルモンバランスを整える効果が、命の母にはあるので、試してみると良いですよ。

卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲンとは?

エストロゲンは、女性らしい体作りに欠かせないホルモンになります。このホルモンは、生理が始まる前の8歳~9歳くらいに、卵巣から分泌されるモノです。このホルモン分泌量が、人それぞれ異なるため、初潮が始まるのが遅い方や早い方がいるのでしょう。また、エストロゲンは、女性限定の器官である乳房や子宮等の成長を促進させる効果があります。そのため、思春期の体の成長に重要になっていますよ。

広告募集中